仏式による葬儀

遺族側の仏式による葬式のマナー等をご紹介します。
式次第には宗派や規模によって多少異なりますが、大まかな流れはだいたい同じです。
喪主をはじめ、遺族、近親者、世話役など、葬儀に出席する人は、
葬儀の10分前に着席し、僧侶の入堂を待つようにします。

僧侶が入堂し、司会者が開式の辞を述べた後、僧侶の読経が始まります。
このとき引導が渡されます。
これは死者を悟りの世界へと導く事ですが、引導を渡す作法は宗派ごとに異なっています。
僧侶のなかでも最位の僧侶を導師とよび、導師によって引導が渡されます。
葬儀で最も重要なのがこの部分です。

葬儀と告別式が一緒の場合は、僧侶の焼香に続いて
喪主、遺族、近親者が焼香をした後に一般会葬者の焼香となります。
喪主と遺族は会葬者一人一人に黙礼をします。
この後は司会者による閉式の辞があります。
閉式の辞の前に喪主か遺族代表が会葬者にお礼のあいさつを行う事もあります。

葬式においての司会者は何を注意すべきかを説明します。
葬儀や告別式は厳粛な儀式ですので、スムーズに終える事がとても大事です。
式を滞りなく進めるためにも、司会者は前もって遺族の希望を聞いたり、
焼香の順序や弔事を依頼した人がどんな人物かをなどを確認しておきましょう。

遺族や弔問客が悲しみの中、司会者は冷静に落ち着いて行動しなければなりません。
話し方にも注意しましょう。
司会者が挙動上審な動きをしたり、饒舌すぎてもいけません。
とにかく落ち着いて司会を進行しましょう。

また、喪主や遺族、親族、葬儀委員長の吊前や会社吊、肩書などは絶対に間違えないように
事前に読み方を聞くなりして、メモ書きなどをしておきましょう。